EN
トップページ > ニュースセンター

疫病の憂いを分かち合う 兆泰集団は海外に醫療物資を大規模援助

發表時間: 2020-04-02    來源:

  「青山一道同雲雨、明月何曾是両郷?!谷澜绀卟·葢椁Ε`となる時刻で、北京兆泰集団有限公司(以下「兆泰集団」という)は自社予防に取組むとともに、日本に醫療物資を援助した。

  新型コロナウイルスによる肺炎が発生して以來、兆泰集団は社會責任を負い、現金及び醫療物資を何回寄贈した。中國國內醫療物資不足に面し、兆泰集団は海外資源を利用し、物資寄贈を斡旋したとともに、獨自調達を何回行い、中國國內の疫病の予防と治療に支援した?!笧樾\人抱薪者、不可使其扼于風雪?!拐滋┘瘒猡?、疫病が猛威を振るい、疫病地域が危難に陥っている際、祖國がこの難関を通り越すことに貢獻した。
 
  この前、海外各國の感染情況は日々厳しくなっていて、醫療物資不足なので、多くの國はマスクの緊急不足場面に面した。兆泰集団は「相知無遠近、萬里尚為隣?!挂卟·斡璺坤纫种皮?、傍観者のないグローバル行動であり、全世界と新型コロナウイルスの戦場において、連攜行動を行い、難関を克服する精神を唱えるはずだと思っている。
 
  日本國內における新型コロナウイルス感染の持続的な発展に伴い、兆泰集団は高度な注意を払った。日本が中國に提供した全力援助への恩返として、なるべく日本に支援することを決定した。疫病が中國で発生して以來、日本政府と民間が第一時間で、中國の関係地域に大量の醫療物資を寄贈し、中國の疫病予防と抑制行動に支援した。
 
  兆泰集団はもう一度30枚醫療外科マスクを調達し、日本への寄贈として、2020年3月28日に、在日本中國大使館に送った。ウイルスは國境がない、思いやりは終點がない、疫病との戦いには、國際社會の共同対応が要ると兆泰集団は考えている。
 

  新型肺炎との戦いでは、兆泰集団は國內外に問わず、無私的な援助が、企業の社會的責任に対する積極的な態度を示した。兆泰集団が寄贈したことは、貴重な醫療物資だけでなく、「豈曰無衣?與子同袍」という連攜して、新型コロナウイルスと戦う決心でもある。

  「投我以木桃、報之以瓊瑤?!拐滋┘瘒猡暇Aけて疫病の発展に密接的な注意を払い、実情の発展の必要に応じ、後続行動を行い、新型コロナウイルスとの戦いに積極的に支援する。兆泰集団は、「積力之所舉、則無不勝也;衆知之所為、則無不成也」と信じている。
 
上一篇:「友よ、一緒に乗り越えよう」日本にマスク80萬枚を寄贈――兆泰集団?王全董事長に聞く 下一篇:最后一頁
在线观看韩国三级中文字幕-日本AV无码-国产Av免费毛片在线看